トルコ雑貨Lord Handmade Galleryからトルコキリム 

​全てのキリムはオリジナルで作ってます。直輸入直販売です。

トルコのキリムとは

キリムとは、トルコ・アナトリア高原から中央アジアの広い地域に住んでいるチュルク族や遊牧民たちが織る、平織りの織り物です。

ウールの平織りのもの全ての総称で、敷物に限らずテント布や収納用具などの生活道具として使われていたものもキリムです。

羊や山羊などを連れていた遊牧民たちが、身近なウールを使って色やデザインなどを創意工夫しながら織り上げたキリムは、名もなき遊牧民のオリジナリティーあふれる、世界にただひとつの芸術作品として注目を集めています。

遊牧民にとってキリムは実用的な生活用具だけでなく、暮らしに彩りを加える装飾品でもありました。

織り手である女性が「生活に彩りを加えたい」「豊かに暮らしたい」と腕を競って織ったキリムは、各々の大切な自己表現の方法でもありました。

女性たちは遊牧生活の中での空いた時間に織っているため、他の仕事が忙しくなればキリムを織ることができません。

再開したときには気分が変わって、柄が左右対称でなくなったり色や模様が途中で変わってしまうこともしばしばあるようです。

このおおらかさがキリムを個性や味わい深さを持ったもの、そしてあたたかみのあるものにしています。

​ニューキリム

 

織られてから比較的日の浅いもの(およそ10~15年ほど)を指します。

もともと販売・輸出用に生産されているキリムです。
 

ニューキリムの魅力は、手ごろな価格で使いやすいサイズが手に入ること。博物館にあるアンティークキリムのデザインを再現したり、草木染めの糸のみを使ったり、古びた色合いを出す加工を施したり、さまざまな工夫が試みられています。

オールドキリム

 

織られて100年未満のものを指します。

商業用でなく家庭用に織られ、暮らしのなかで使われていたキリムです。

色やデザイン、目の細かさなど現在生産されるキリムでは見られないさまざまな技術が織り込まれています。

 

市場でオールドキリムという区分ができたのは1980年代頃。天然染料だけが使われていた頃と、西欧から合成染料が入って以降を区別するために区分ができたとも考えられています。

トルコキリム

トルコキリム

トルコキリム